Player Realms - WorldEdit

WorldEditって?

建築や地形造作のスーパースター
どんなに大掛かりな建築物でもささっと作成!

WorldEditの使い方


A点(赤の羊毛ブロック)とB点(青の羊毛ブロック)をWand(デフォルトで木の斧)で範囲指定します。


設定したらピンク色のメッセージが出ます。


試しにsetコマンドを使い、ブロックID 1を入れます。


すると選択した範囲がブロックID 1の石ブロックに置き換わりました。
以上でWorldEditの使用方法は終了です。

WorldEditのコマンドリスト

※使用頻度が高いコマンドのみ記載します。

コマンドの表記例
コマンド説明パーミッション備考
//replace <AブロックID> <BブロックID>範囲内の指定したAブロックをBブロックに置き換えますworldedit.region.replace複数のブロック置き換え可能。//reでも可能
Aブロック(ブロックID 1)を
Bブロック(ブロックID 2)に置き換えたい場合
//replace 1 2
となる。

コマンド説明パーミッション備考
//wand木の斧を取得しますworldedit.wand
//calc <数式>計算しますworldedit.calcデフォルトのパーミッションに設定は厳禁
//limit <数値>操作できるブロック数を制限しますworldedit.limit
//set <ブロックID>範囲内のブロックを指定したブロックで埋めますworldedit.region.set複数ブロック指定可能
//replace <AブロックID> <BブロックID>範囲内の指定したAブロックをBブロックに置き換えますworldedit.region.replace複数のブロック指定可能。//reでも可能
//stack<数値>選択範囲のブロックを数値の数だけ、向いている方角に伸ばしますworldedit.region.stack
//pos1自分の現在いる位置を範囲の角にしますworldedit.selection.posWandを使用した際の左クリックに相応
//pos2自分の現在いる位置を範囲の角にしますworldedit.selection.posWandを使用した際の右クリックに相応
//hpos1自分の視点の先にあるブロックを範囲の角にしますworldedit.selection.hposWandを使用した際の左クリックに相応
//hpos2自分の視点の先にあるブロックを範囲の角にしますworldedit.selection.hposWandを使用した際の右クリックに相応
//copy範囲内のブロックをコピーしますworldedit.clipboard.copy
//cut範囲内のブロックを切り取りますworldedit.clipboard.cut
//paste [-a]コピーしたブロックをペーストしますworldedit.clipboard.paste引数[-a]を追加することで空気ブロックを無視
//rotate <90/180/270>コピーしたブロックを水平方向で自分を軸に回転させますworldedit.clipboard.rotate負の数にすることで逆回転も可能
//fliコピーしたブロックを反転させますworldedit.clipboard.flip
/forestgen範囲内に森林を生成しますworldedit.generation.forest
/pumpkins範囲内にかぼちゃ畑を生成しますworldedit.generation.pumpkins
//pyramid範囲内にピラミッドを生成しますworldedit.generation.pyramid
//hpyramid範囲内に内部が空洞のピラミッドを生成しますworldedit.generation.pyramid
//generatebiome <バイオームID>範囲内のバイオームを変更しますworldedit.generation.shape, worldedit.biome.set
/undo <数値>数値の数だけ前の動作を取り消しますworldedit.history.undo20まで。数値は空欄でも可
/redo <数値>undoを取り消しますworldedit.history.redo20まで。数値は空欄でも可
//curve <ブロックID>範囲内に指定したブロックの曲線を描きますworldedit.region.curve
//overlay <ブロックID>範囲内のブロックの表面を指定したブロックで覆いますworldedit.region.overlay
//walls <ブロックID>範囲の縁を指定したブロックで1マスの壁を作りますworldedit.region.walls
//smooth <1~8>範囲内の地形をなめらかにしますworldedit.region.smooth8に近くなるほど地形が滑らかになる
//move <数値>範囲内のブロックを数値分の数だけ向いている方角に動かしますworldedit.region.move
//cyl <ブロックID> <半径> <高さ>現在位置を中心に、指定したブロックで円柱を生成しますworldedit.generation.cylinder
//hcyl <ブロックID> <半径> <高さ>現在位置を中心に、指定したブロックで内部が空洞の円柱を生成しますworldedit.generation.cylinder
//sphere <ブロックID> <半径> [yes]現在位置を中心に、指定したブロックで球体を生成しますworldedit.generation.sphere引数[yes]を挿入した場合、現在位置が球底になります
//hsphere <ブロックID> <半径> [yes]現在位置を中心に、指定したブロックで内部が空洞の球体を生成しますworldedit.generation.sphere引数[yes]を挿入した場合、現在位置が球底になります
//load {ファイル名}schematicファイルを読み込み、クリップボードに保存しますworldedit.clipboard.load
//save {ファイル名}クリップボードに保存されているブロックをschematicファイルとして保存しますworldedit.clipboard.save